イタリア料理と旅行と・・!

イタリア好きなイタリアーナが気ままに綴るイタリア旅行・料理・文化など・・・

Entry

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

イタリア 観光 ヴェネチア編 1

 水の都イタリアヴェネチアの観光スポットは・・

①サン・マルコ広場からの景色
 冬になると水が覆ってしまって、長靴をはかないと通れなくなるけど、夏の夜はいたるところで野外コンサートがおこなわれている。高級なバール(カフェ)で広場を眺めるのも良いし、片隅に座って眺めるのも楽しいよ。のんびり広場でくつろいじゃおう!また、広場から海を眺めに行くのもいいよ。色々なゴンドラが並んでて、イタリアヴァネチアに来たという感覚が生まれるよ。海面と陸の差のなさにビックリするよ。


スポンサードリンク

*Comment

 

こんにちは!
コメントとトラバ、ありがとうございました。

水の都と言われるヴェネチアですが、
水没なんていう悲劇からは救いたいものです。
とても素敵な街ですしね!

では、またお邪魔します!!
  • posted by かおり 
  • URL 
  • 2005.02/05 23:37分 
  • [Edit]

 

CT&TRありがとうございます。

イタリアは何回行っても見尽くせないほどの芸術と歴史遺産が溢れています。

イタリア(古代ローマの中心地)とオランダ(ゲルマンの故地)の交流がヨーロッパ文化の原点だと思います。

パヴァロッティの歌声のようなイタリアの空気も、美味しいワインも魅力です。

オランダとイタリアの歴史的な交流に「光」を当てて見たいと思っています。

関連HP『レンブラントの眼』http://www1.odn.ne.jp/rembrandt200306/も、どうぞよろしくお願いします。(絵画の画像があります)
  • posted by ベスの親父 
  • URL 
  • 2005.02/06 06:33分 
  • [Edit]

 

早速遊びにきてしまいました☆先日はあんな私の文章にトラックバックをしていただいてありがとうございました☆

イタリアーナさんのブログを読んでわ~~☆すごい!!って思いました。私はまだ1度しか行ったことがありませんが、イタリアは絶対にもう1度行きたい国です。食ももっと堪能したいし、芸術にももっと触れてみたい!

イタリアーナさんは本当にイタリアを愛してるんですね♪また遊びに、そしてこの素敵なブログを参考にさせていただきます。

私のイタリア珍道中もヴェネチアだけでなく、ミラノ、ローマなんかも書いてるんで、よかったら見てくださいネ。アホらしいことしか書いてないので恐縮なんですが・・・。
  • posted by mayu 
  • URL 
  • 2005.02/06 15:04分 
  • [Edit]

 

かおりさんもヴェネチア好きですね~。また、色々なお話楽しみにしてます。
  • posted by かおりさんへ 
  • URL 
  • 2005.02/06 16:04分 
  • [Edit]

 

ベスの親父さんへ
そうそう、イタリアは何度行っても飽きないですよね~。文化・文明・ワインなどなど・・・最高です。街のいたるところが美術館みたいです。早速HPにも遊びにいってきました。また、楽しみにしてます。
  • posted by イタリア好きなイタリアーナ 
  • URL 
  • 2005.02/06 16:13分 
  • [Edit]

 

mayuさんへ
ミラノ・ローマのブログも拝見させていただきました。また行きたいですよね~。私はタダのイタリア好きなのでまた良かったら来てください。
  • posted by イタリア好きなイタリアーナ 
  • URL 
  • 2005.02/06 16:16分 
  • [Edit]

 

ヴェネチア好きなイタリアーナさん、こんばんわ。


早速、HP『レンブラントの眼、グリーン版』をお訪ねいただきありがとうございます。

HPのindex1とindex2のページに、先にリンクを張らせていただきましたのでご了承ください。(Blogの方でもブックマークに入れてあります)

そちらからのリンクは、どうか急がずに、ごゆっくりお願いします。

フィレンツェやヴェネチアに限らず、イタリアでは、ただ歩くだけで町並みの変化の美しさに驚かされますね。

早朝のヴェネチアの裏道を散歩していた折に偶然に入った小さな教会での体験ですが、普通に暮らす人々がそこで熱心に朝の祈りを捧げる姿を見て感動を覚えたことがあります。
  • posted by ベスの親父 
  • URL 
  • 2005.02/06 20:43分 
  • [Edit]

 

ベスの親父さんへ

リンクを貼っていただいたなんて、感激です。あんなに素晴らしいHPに・・・。

イタリアーナも勉強してリンクがんばります。もうしばらく待ってください。
 
そうですよね~。イタリアは全て街中が美術館のようです。言葉はバックミュージックのようで、歩いてるだけで、良い気分になってしまう素敵な場所です。 
私は、鐘の鳴り響く朝の街が大好きです。
  • posted by イタリア好きなイタリアーナ 
  • URL 
  • 2005.02/07 23:04分 
  • [Edit]

 

イターリアーナさん、こんばんわ


HP『レンブラントの眼』へのリンクが成功ですね。私もよく分からないのですが、Blogの場合はバナーでリンクをはるのが難しいようです。

ともかくも第1号のリンクで光栄です。ありがとうございます。

話題が変わりますが・・・北イタリアとベルギー・オランダを巡るツアー・プランをご覧になったことがありますでしょうか? こういう組み合わせって、あまりないですよね・・・。

こんなプランがあれば、行ってみようかなと思っているところです。

こちらこそ、よろしくお願いします。




  • posted by ベスの親父 
  • URL 
  • 2005.02/11 20:52分 
  • [Edit]

 

ベスの親父さんへ
こんにちは。リンク第一号なんて光栄です。バナーを貼るのは難しいのですね・・・。難しいなら、未熟なイタリア-ナには無理かな。まあ、普通に貼れたのでオッケーということにします。

北イタリア・ベルギー・オランダのツアーは見たこと無いです。探せばあるのかなあ??
 三カ国も行く計画は、うらやましいです。
お土産話を楽しみにしてます。
  • posted by イタリアーナ 
  • URL 
  • 2005.02/12 10:59分 
  • [Edit]

 

イタリアーナさん、おはようございます、ベスの親父です

北イタリアとベルギー・オランダを兼ねるプランは、やはり無理なようです。どちらに絞るか迷っているところです。

ところで、「はてなダイアリー」というブログ(日記?)で書いてみたところ、独特のリンク機能などが充実しており大変に使い勝手が良いので驚いています。

今のところ内容は同じですが、下のURLからアクセスして、ご覧になってみてください。

http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/


  • posted by  
  • URL 
  • 2005.03/22 05:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ciao.blog4.fc2.com/tb.php/8-7602d394

ヴェネチアを救え

とても魅力を感じる都市のひとつ、ヴェネチア。イタリア北東部のアドリア海に臨む、水の都です。市街地は約122の小島を、400の橋で結んであります。運河が176もあり、そこをゴンドラが行き交います。これが水の都と呼ばれる理由。主な交通手段はゴンドラ。歴史的な建造物も多
  • from Burden! 
  • at 2005.02.06 00:03

「ヴェネツィア派の誕生」と歴史的リアリズムの意味(1/3) 

[「オランダの光」と「ヴェネツィアの光」の出会い]  知的概念を前提としつつ図像とパースペクティブ構成を表象したフィレンツェ派と比較すると、ヴェネツィア派絵画の特徴は先ず“何よりも感覚レベルに強い関心を持つ”ということです。このためヴェネツィア派の画家たちは

「ヴェネツィア派の誕生」と歴史的リアリズムの意味(1/3)

[「オランダの光」と「ヴェネツィアの光」の出会い]  知的概念を前提としつつ図像とパースペクティブ構成を表象したフィレンツェ派と比較すると、ヴェネツィア派絵画の特徴は先ず“何よりも感覚レベルに強い関心を持つ”ということです。このためヴェネツィア派の画家たち

Menu

プロフィール

イタリアーナ

  • Author:イタリアーナ
  • イタリア好きなイタリアーナです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログペット

右サイドメニュー

ワイン

ワインの検索はこちら

ブログ内検索

エスプレッソマシーン

お気に入りのエスプレッソマシーン

デロンギ エスプレッソ カプチーノ メーカー カフェトレビソ BAR-14N
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村
ランキング応援お願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。