イタリア料理と旅行と・・!

イタリア好きなイタリアーナが気ままに綴るイタリア旅行・料理・文化など・・・

Entry

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ゴルゴンゾーラチーズ

ゴルゴンゾーラチーズとは、イタリア・ロンバルディア地方原産の半硬質の青カビチーズで、世界三大ブルーチーズの一つです。
産地 イタリア、ピエモンテ州、ロンバルディア州
原料 牛乳
乳脂肪分 48%
形状 直径30cm、高さ20cmの円筒形、重さ12kg
タイプ 青カビタイプ
季節 旬は冬(11月~2月)、でも1年中手に入る

ロックフォール(フランス)、スティルトン(イギリス)と共に「世界三大ブルーチーズ」と称されている。名前の由来はミラノから約20キロほどの「ゴルゴンゾーラ村」から。この村は春から夏にかけてアルプスの山地で放牧されていた牛が、秋になって平野部に移動するときの休憩地点となっていて、ここで疲れた牛からしぼった乳で作った柔らかいチーズが‘ストラッキーノ・ディ・ゴルゴンゾーラ’(ストラッキーノとは“疲れている”との意味)といわれ、今のゴルゴンゾーラの始まりです。(11世紀頃)今はゴルゴンゾーラ村ではチーズは生産されていません。

ゴルゴンゾーラには‘ドルチェ(甘いの意)’と‘ピカンテ(辛いの意)’があります。
‘ドルチェ’は脂肪分が高いが、塩分や青カビの分量が他の青カビタイプのチーズに比べ少なく、名前のごとく甘みが感じられます。‘ピカンテ’は、‘ドルチェ’に比べ熟成期間が長くピリッとした辛味がある。この2種類は、チーズに使われているカビの種類や作り方が異なっている。

ゴルゴンゾーラチーズにはなめらかで青カビ特有の香りと豊かな旨味があり、ブルーチーズの中では塩味も少なくクリーミーなタイプです。上質で芳醇なイタリアワインとよく合い、リンゴや洋梨などと組み合わせてテーブルチーズにしたり、ドレッシングやパスタソース、リゾットなどにも使われます。

スポンサードリンク

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ciao.blog4.fc2.com/tb.php/197-cb0b8e3b

Menu

プロフィール

イタリアーナ

  • Author:イタリアーナ
  • イタリア好きなイタリアーナです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログペット

右サイドメニュー

ワイン

ワインの検索はこちら

ブログ内検索

エスプレッソマシーン

お気に入りのエスプレッソマシーン

デロンギ エスプレッソ カプチーノ メーカー カフェトレビソ BAR-14N
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村
ランキング応援お願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。