イタリア料理と旅行と・・!

イタリア好きなイタリアーナが気ままに綴るイタリア旅行・料理・文化など・・・

スポンサーサイト

イタリア食文化

イタリアの人は自分の国の料理が一番!!て自信と誇りをもっているの。日本も郷土料理があるけど、世界中の料理を食べるよね。イタリアの家ではほとんど イタリア料理しかたべません。都市部では、中華料理・日本料理などのレストランやマクドナルドができてるけど、ファーストフードもマクドナルドよりピザのファーストフードの方が人気があるんだよ。...

イタリアのマンマ

イタリアのマンマ。やっぱり料理が上手。料理にかける時間と意気込みが違う気がする・・・。イタリアでは、昼ごはんが一日の中で一番豪華で時間をかけて楽しむ。もちろん昼からワインを飲むよ~。これが、また、至福の時なのよ。 私の知ってるマンマは、11時頃から昼ごはんの仕込をするよ。食べる時間は2時半なのに・・・。手打ちパスタも作るし、パンも自家製。おやつも自家製。トマトピューレも自家製。 みんなの食べる時間...

イタリア スローフード

 スローフードってイタリアが発祥の地って知ってた?スローフードを愛する人たちが始めたもので、昔の食事(食文化)やその土地の料理や自然の恵を自然なまま育てて、食べる。地場のものを大切にして、その地域で食することなんだよね。今では世界のいくつかの国でおこなわれつつある運動で、日本でもやってるよ。良いことだと思うな。だって、食文化がみだれつつあるもの・・・。その結果、日本も昔と違う病気での死亡率が高くな...

カプチーノ

 日本でも最近はカフェに行くと必ずあるカプチーノ。元はイタリアからきた飲み物です。エスプレッソコーヒーに熱い泡立てたミルクをたっぷり入れて作った濃厚な味で人気です。ふわふわの泡が至福の時を運んできてくれます。おいしいカプチーノは、泡が何とも言えず、細かく繊細でなめらか。私も大好き!! 日本では、朝晩関係なく飲みますが、イタリアでは、朝か午前中にしか飲みません。朝ご飯には、カプチーノと甘いクロワッサ...

イタリア エスプレッソコーヒー

 エスプレッソをイタリアで注文すると、あんな少しの量なのに砂糖の小袋が3袋くらいついてきます。周りを見渡すと、大体の人が砂糖をエスプレッソの中に3袋くらい入れてる。イタリア人は、甘党の人が多いのね・・・。と思っていましたが、ちょっと違ってたみたい。砂糖を入れると香りや味も良くなるの。それを聞いてから、ブラックが好きな私も試してみた。本当に香りも良くなって味もまろやかに。それからというものエスプレッ...

イタリア エスプレッソコーヒーの続き

質問が何件かあったアルコール入りのコーヒーとは、「カフェ・コレット」というもので、エスプレッソコーヒーにグラッパやアマレットなどリキュールを入れたものです。え??コーヒーにアルコール??って、思う人もおおいかな。想像としては、カルーアミルクの元のカルーアのような感じを想像してください。食後のエスプレッソコーヒーは、胃の消化の助けをしてくれるそうです。  カプチーノへ...

イタリア料理の特徴 食材編 野菜・果物

 イタリア全土の料理の特徴は、素材の味を生かしてシンプルな料理が多いです。 野菜そのものの味は日本より濃い気がします。日本と同じ野菜はありますが、かぼちゃといっても50cmくらいのまくわうりのような感じの黄色い大きいかぼちゃです。中はオレンジ色で味は日本のかぼちゃと比べると甘くありません。スイカも1mくらいの大きさのものもあり、丸くなく楕円形で、縦縞もありません。(日本と同じ丸いスイカもあります。...

イタリア料理の特徴  食材 肉・魚編

お肉屋さんには、上から生ハムがつるされています。イタリアと言ったら生ハムも有名です。ぶたのモモを何ヶ月も骨ごと熟成させたものです。有名な産地にパルマとサンダニエッレがあります。肉もたくさんの種類があります。牛肉、鶏肉、豚肉はもちろんありますが、うさぎやいのしし、しか、羊の肉、七面鳥、がちょう、きじ、牛の内臓もあります。買うときにどんな切り方で何kgほしいというと目の前に列んでいる肉を切ってくれます...

Menu

プロフィール

イタリアーナ

  • Author:イタリアーナ
  • イタリア好きなイタリアーナです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログペット

右サイドメニュー

ワイン

ワインの検索はこちら

ブログ内検索

エスプレッソマシーン

お気に入りのエスプレッソマシーン

デロンギ エスプレッソ カプチーノ メーカー カフェトレビソ BAR-14N
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村
ランキング応援お願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。